レプリケーションとは、データの複製(レプリカ)を別のコンピュータ上に作成し、ネットワークを介してリアルタイムに情報の更新を反映させて常に内容を同期することです。半年前に会社でレプリケーションの設定をしたことはありますが、復習したいと思い、今回は自分のサーバーで設定してみます。

環境

Master

IP:111.222.33.44
CentOS:7.6
mysql:5.7

Slave

IP:444.333.22.11
CentOS 7.2
mysql 5.7

レプリケーションの設定

レプリケーション用のユーザ作成

Masterサーバーで、レプリケーション用のユーザを作成します。

  • すべてのDBの接続を許可
  • ユーザー名:repliuser
  • 許可するIP:444.333.22.11
  • パスワード:passwd
mysql> GRANT REPLICATION SLAVE ON *.* TO 'repliuser'@'444.333.22.11' IDENTIFIED BY 'passwd';

repliuserユーザーが、作成されたか確認します。

mysql> select user, host from mysql.user;

念のため、Slaveサーバーにログイン後、SlaveサーバーからMasterサーバーに問題なくアクセス出来るか確認します。ここでアクセスできない場合、/etc/my.cnfの設定など確認します。

$ mysql -h 111.222.33.44 -u repliuser -p

レプリケーションの準備

Slaveサーバーでmysqlの設定ファイル、my.cnfを編集します。

$ sudo vi /etc/my.cnf
[mysqld]
# バイナリロギング有効
log-bin=mysql-bin
# サーバ認識用のサーバIDを設定
server-id=1001

mysqlを再起動します。

$ sudo systemctl restart mysqld.service

データのスナップショット作成

スナップショットとは、(銃の)速射、スナップ写真という意味の英単語で、ITの分野では、ある時点(瞬間)における対象の全体像を丸ごと写し取ったものを表す。ストレージ(外部記憶装置)上のファイルシステムを丸ごとコピーしたものや、データベースの複製などを指すことが多い。

引用:IT用語辞典

Masterサーバーで以下の作業をします。

テーブルをロック

mysql> FLUSH TABLES WITH READ LOCK;

Masterサーバーのステータスを確認(ログファイル・ログポジション)

mysql> SHOW MASTER STATUS;
+------------------+----------+--------------+------------------+-------------------+
| File             | Position | Binlog_Do_DB | Binlog_Ignore_DB | Executed_Gtid_Set |
+------------------+----------+--------------+------------------+-------------------+
| mysql-bin.000001 |      154 |              |                  |                   |
+------------------+----------+--------------+------------------+-------------------+
1 row in set (0.00 sec)

mysqldumpコマンドでexampledbをダンプします。

$ mysqldump -u root -p -x example > dbdump.db

テーブルのロックを解除

mysql> UNLOCK TABLES;

スナップショットをSlave側へ転送します。
scp ファイル名 ユーザー名@コピー先ホスト:ファイルを保存するディレクトリ
参考:scpコマンドでファイル送る、とってくる

$ scp dbdump.db root@444.333.22.11:/usr/local/src
dbdump.db 100% 1466KB  10.0MB/s   00:00

レプリケーション用のDBを作成

Slaveサーバー以下の作業をします。

my.cnfファイルを編集します。

$ sudo vi /etc/my.cnf

mysqlを再起動します。

$ sudo systemctl restart mysqld.service

サーバ認識用のサーバIDを設定します。

[mysqld]
server-id=1002

Slaveサーバーにexampledbを作成します。

mysql> CREATE DATABASE example;

テーブル等の情報をexampledbに入れます。

$ mysql -u root -p example < /usr/local/src/dbdump.db
mysql> CHANGE MASTER TO
    -> MASTER_HOST='111.222.33.44',
    -> MASTER_USER='repliuser',
    -> MASTER_PASSWORD='passwd',
    -> MASTER_LOG_FILE='mysql-bin.000001',
    -> MASTER_LOG_POS=154;
Query OK, 0 rows affected (0.01 sec)

レプリケーションの開始

レプリケーションを開始します。

mysql> START SLAVE;
Query OK, 0 rows affected (0.01 sec)

レプリケーションの確認をします。

mysql> SHOW SLAVE STATUS\G
*************************** 1. row ***************************
               Slave_IO_State: Waiting for master to send event
                  Master_Host: 111.222.33.44
                  Master_User: repliuser
                  Master_Port: 3306
                Connect_Retry: 60
              Master_Log_File: mysql-bin.000001
          Read_Master_Log_Pos: 154
               Relay_Log_File: ik1-310-15463-relay-bin.000001
                Relay_Log_Pos: 3298210
        Relay_Master_Log_File: mysql-bin.000001
             Slave_IO_Running: Yes
            Slave_SQL_Running: Yes
              Replicate_Do_DB:
          Replicate_Ignore_DB:
           Replicate_Do_Table:
       Replicate_Ignore_Table:
      Replicate_Wild_Do_Table:
  Replicate_Wild_Ignore_Table:
                   Last_Errno: 0
                   Last_Error:
                 Skip_Counter: 0
          Exec_Master_Log_Pos: 4309562
              Relay_Log_Space: 3298425
              Until_Condition: None
               Until_Log_File:
                Until_Log_Pos: 0
           Master_SSL_Allowed: No
           Master_SSL_CA_File:
           Master_SSL_CA_Path:
              Master_SSL_Cert:
            Master_SSL_Cipher:
               Master_SSL_Key:
        Seconds_Behind_Master: 0
Master_SSL_Verify_Server_Cert: No
                Last_IO_Errno: 0
                Last_IO_Error:
               Last_SQL_Errno: 0
               Last_SQL_Error:
  Replicate_Ignore_Server_Ids:
             Master_Server_Id: 1001
                  Master_UUID: fc7b78b0-9d41-11e8-afd7-9ca3ba01e679
             Master_Info_File: /var/lib/mysql/master.info
                    SQL_Delay: 0
          SQL_Remaining_Delay: NULL
      Slave_SQL_Running_State: Slave has read all relay log; waiting for more updates
           Master_Retry_Count: 86400
                  Master_Bind:
      Last_IO_Error_Timestamp:
     Last_SQL_Error_Timestamp:
               Master_SSL_Crl:
           Master_SSL_Crlpath:
           Retrieved_Gtid_Set:
            Executed_Gtid_Set:
                Auto_Position: 0
         Replicate_Rewrite_DB:
                 Channel_Name:
           Master_TLS_Version:
1 row in set (0.00 sec)

この状態でエラーが出なければ、MasterサーバーのDBを編集して、Slaveに問題なく反映されているか確認します。反映されていれば、レプリケーションの設定は完了です。

その他、レプリケーションに関連するコマンド

スレープを停止

mysql> STOP SLAVE;

スレーブの設定をリセット

mysql> RESET SLAVE;