Seleniumでブラウザを動かす際、iframeタグを使っているWEBサイトでは、フレーム内のDOMに対して操作をしたいとき、そのフレームへ切り替える操作が必要です。切り替えをしないと「要素が見つかりません」とエラーが出ます。
selenium-iframe

iframeタグとは

iframeの説明は、国民のための情報セキュリティサイトが分かりやすかったので引用します。

インラインフレームを実現するためのHTMLタグのこと。インラインフレームとは、ホームページを作成する場合に、通常の分割画面などによる方法ではなく、表示したいページ内の任意の場所に指定したサイズの他のホームページの内容を表示する技術のことです。 iframeタグを使用すると、Webページ内に別のWebサイトのWebページを埋め込むことができます。

ドライバ操作

先にfind_elementでiframeのDOMを探して、switch_to_frameを呼び出せば、そのiframeのDOMを操作できます。

# CSSセレクタでiframeタグの要素を取得
iframe = driver.find_element(:css, '#imaf_adspotframe')

# iframeを取得
driver.switch_to.frame(iframe)