今回はVue CLI 3(Command Line Interface)を利用して、Vue Routerを使ってみます。Vue Routerとは、Vue.jsを利用したシングルページアプリケーション(SPA)構築で、ルーティングをするためのプラグインです。ページ遷移を高速化するという特徴があります。

「$ npm run serve」のコマンドを使ってブラウザでVue.jsのサンプルページが表示されたところから始めますので、Vue CLIのインストール方法などは、Vue.js を vue-cli を使ってシンプルにはじめてみるを参考にしてください。

vuejs-vuerouter-use3

Vue Routerモジュールの追加

ルーティングを行うにはVue Routerモジュールが必要です。以下のコマンドを実行します。

$ vue add router

Vue Routerの動作を確認するには、以下のコマンドを実行してVue.jsのサンプルページ内に「Home」「About」が追加されたことを確認します。

$ npm run serve

vuejs-vuerouter-use2

使うファイルを確認する

今回使うファイルは【App.vue】【router.js】です。

【/src/App.vue】

<template>
  <div id="app">
    <div id="nav">
      <router-link to="/">Home</router-link>|
      <router-link to="/about">About</router-link>
    </div>
    <router-view/>
  </div>
</template>

<style>
#app {
  font-family: "Avenir", Helvetica, Arial, sans-serif;
  -webkit-font-smoothing: antialiased;
  -moz-osx-font-smoothing: grayscale;
  text-align: center;
  color: #2c3e50;
  margin-top: 60px;
}
</style>

 

【/src/router.js】

import Vue from "vue";
import Router from "vue-router";
import Home from "./views/Home.vue";

Vue.use(Router);

export default new Router({
  routes: [
    {
      path: "/",
      name: "home",
      component: Home
    },
    {
      path: "/about",
      name: "about",
      // route level code-splitting
      // this generates a separate chunk (about.[hash].js) for this route
      // which is lazy-loaded when the route is visited.
      component: () =>
        import(/* webpackChunkName: "about" */ "./views/About.vue")
    },
  ]
});

ファイルの編集

App.vueの編集

App.vueのtemplateタグの中は、HTMLの部分(見た目)といった感じでしょうか。とりあえず、5行目のaboutに関連するタグ、<router-link to="/about">About</router-link>の下にrouter-linkタブを追加します。テキストとリンク名を【test】とします。

<router-link to="/about">About</router-link>|
<router-link to="/test">test</router-link>

router.jsの編集

14〜22行目のaboutに関連するコードを参考に【test】を追加します。

{
    path: "/about",
    name: "about",
    // route level code-splitting
    // this generates a separate chunk (about.[hash].js) for this route
    // which is lazy-loaded when the route is visited.
    component: () =>
    import(/* webpackChunkName: "about" */ "./views/About.vue")
},
{
    path: "/test",
    name: "test",
    // route level code-splitting
    // this generates a separate chunk (test.[hash].js) for this route
    // which is lazy-loaded when the route is visited.
    component: () =>
    import(/* webpackChunkName: "test" */ "./views/Test.vue")
}

これでトップページに【test】へのリンクが作成出来ました。次に遷移先のtestのページを作成します。

ファイルの追加

/src/viewsにTest.vueというファイルを新規作成します。

<template>
  <div class="test">
    <h1>This is test</h1>
  </div>
</template>

 

ブラウザで確認する

「test」のリンクをクリックします。
vuejs-vuerouter-use5

testのページに遷移出来ました。
vuejs-vuerouter-use4

以上です。